中央線沿線の国立・国分寺で過ごす夏の快適ライフスタイル

中央線沿線の国立・国分寺で過ごす夏の快適ライフスタイル

国指定名勝の回遊式林泉庭園『東京都立殿ヶ谷戸庭園』 出典:itot 国分寺エリアガイド https://tokyo.itot.jp/kokubunji/98 手

公開:2021.08.04

国指定名勝の回遊式林泉庭園『東京都立殿ヶ谷戸庭園』

東京都立殿ヶ谷戸庭園

出典:itot 国分寺エリアガイド

https://tokyo.itot.jp/kokubunji/98

手入れの行き届いた庭園は、国分寺崖線の地形を活かした「回遊式林泉庭園」といわれる造り。芝生や湧水池、樹木と変化に富んだ雰囲気を各所で味わえるのが特徴だ。武蔵野の植生さながら、多彩な植物を見ることができ、季節ごとにモッコク、フジ、モモなどの花が咲いて、秋の紅葉と池の眺めも絶景。

JR・西武の国分寺駅から、徒歩2分のところにある『東京都立殿ヶ谷戸庭園』。南満州鉄道副総裁・江口定條の別荘として大正時代に整備され、昭和初期には三菱財閥の岩崎家が別邸にしていた庭園です。夏の日差しのなかでも風景から涼を感じ取れるスポットです。


旧鉄道学園跡地の広大な総合公園『都立武蔵国分寺公園』

都立武蔵国分寺公園

出典:itot 国分寺エリアガイド

https://tokyo.itot.jp/kokubunji/94

総面積約11万平方メートルと、国分寺市有数の広大な敷地を持つ「都立武蔵国分寺公園」。JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)の教育機関「中央鉄道学園」跡地を整備した公園。

国分寺エリアでは、こちらの公園もおすすめ。鉄道学園時代から残されているイチョウ並木のぎんなん通り、桜・ケヤキなどの樹木、滝、池、噴水などが配置され、自然の緑をゆったり楽しめます。


豊かな緑と音楽に癒されながら優雅なティータイムを『スタジオ アンド カフェ コクブ』

スタジオ アンド カフェ コクブ

出典:itot 国立駅北エリアガイド

https://tokyo.itot.jp/kunitachi/138

閑静な住宅街の中に突然あらわえる緑の庭園。「スタジオ アンド カフェ コクブ」は、季節毎に表情を変える美しい庭園を眺めながら、居心地の良い空間と美味しいフードを楽しめるカフェ。宿根草をメインに四季の変化を感じられる庭園は、造園家によって綺麗に整備されている。

ランチタイムは、国立駅北エリアへ。地元の野菜をふんだんに使用した、ヘルシーでバランスのとれた日替りランチが用意されています。メニューは「ごはんのランチ」、「パンのランチ」、「カレーランチ」の3種類から選べて、コーヒーまたは紅茶が付いているほか、プラス400円でデザートの盛り合わせを追加することも可能。人気のランチは、売り切れになることも。


「国分寺」駅直結の上質ショッピング施設『ミーツ国分寺』

ミーツ国分寺

出典:itot 国分寺エリアガイド

https://tokyo.itot.jp/kokubunji/251

JR・西武線の「国分寺」駅から直結のショッピングセンター『ミーツ国分寺』。1階から4階まで上質なアイテムを取り揃えており、仕事帰りにも、自宅からのお買い物にも使い勝手がいい。1階には「クイーンズ伊勢丹」のほかベーカリーなどの飲食店やドラッグストアが並ぶ。

充実した一日にショッピングは欠かせません。こちらでは、お買い物途中でゆっくりくつろげるようにと、休憩スペースもところどころに設けられているほか、広々清潔でシックなデザインも特徴のベビールームなど、お買い物を満喫できる空間づくりにも配慮されています。


何度も通いたくなるアットホームな老舗の銭湯『鳩の湯』

鳩の湯

出典:itot 国立駅北エリアガイド

https://tokyo.itot.jp/kunitachi/134

昭和33年に創業し令和2年リニューアルした銭湯「鳩の湯」は、入浴用水には軟水を使用。美人の湯といわれるナトリウム温泉に近いイオンバランスでお肌つるつるが期待できる。肌にやさしい軟水なので敏感肌や乾燥肌の人でも安心だ。

一日の締めくくり、たまには銭湯の大きな湯舟で湯ったりのんびりしてみませんか。こちらでは、ミクロの気泡が体中をマッサージしてくれる「シルキーバス」やマッサージ効果が生まれ身体全体の血行がよくなる「ジェットバス」のほか、関節痛や筋肉痛の原因となる乳酸の減少を早めるといわれている「高濃度炭酸泉」などもあります。


中央線沿線の国立・国分寺で過ごす夏の快適ライフスタイル

このまとめ記事が気に入ったら
シェアしよう