スペイン食堂YOSHIMUTA

スペイン食堂YOSHIMUTA
スペイン食堂YOSHIMUTA

スペイン食堂YOSHIMUTAは、東京で有名なスペイン料理店「銀座エスペロ」で料理長を務めた吉牟田氏が独立しオープンさせたお店だ。 

スペイン食堂という名の通り、パエジャなどの代表的なメニューを中心に、気取らず、シンプルなスペイン料理が楽しめるお店となっている。

 

スペイン食堂YOSHIMUTA
スペイン食堂YOSHIMUTA

特にランチタイムは、パエジャが中心のコースで「Bランチ」(2010年10月よりメニュー改変予定)は、サラダ、本日のスープ、パエジャ(魚介、イカ墨、パスタからチョイス)、自家製デザート、ドリンク(コーヒー、エスプレッソ、カモミールティー)がついて一人1,500円だ(2名より)。その他に「Cランチ」は、日替わりのメインとパエジャが付いたもので、サラダ、本日の肉料理又は魚料理、パエジャ、自家製デザート、ドリンクが付いて1,800円となる。これまたリーズナブルでフレンチのようなコース要素を持ちつつ、しっかりと本場のパエジャが頂けるのが嬉しい。

 

ランチタイムは、PTAの会合帰りと見られる保護者の方々をはじめ、女性同士のグループが多いというYOSHIMUTAだが、夜は落ち着いた年配のお客様やディンクスのカップルなどが多く足を運ばれるという。というのも、近隣には、二人でスペイン旅行などに出かけられた経験を持つ熟年のご夫婦などがおられ、そうした方々が旅の思い出を懐かしんで本場のスペイン料理を味わえるYOSHIMUTAにお越しになられるそうだ。

 

スペイン食堂YOSHIMUTA
スペイン食堂YOSHIMUTA

1 2 


PAGE
TOP