2018年版「住みたい街」トップは「横浜」!

2018年版の「住みたい街」ランキング調査結果が発表されました。吉祥寺、恵比寿といった人気の街を抑えてトップに輝いたのは「横浜」でした。詳しく見ていきましょう!

人気トップには「横浜」、「恵比寿」、「吉祥寺」と続く

リクルート住まいカンパニーが発表した「SUUMO住みたい街ランキング2018 関東版」によると、住みたい街1位は「横浜」(JR京浜東北線)、2位は「恵比寿」(JR山手線)、3位が「吉祥寺」(JR中央線)と続き、前年とは1位と3位が逆転する結果となりました。

「横浜」を選んだ人の内訳をみると地元神奈川県だけでなく東京、埼玉、千葉と幅広いエリアに居住している人からの支持を集めています。JRだけでも複数の路線が乗り入れ、京浜急行線、東急東横線、相模鉄道線、横浜市営地下鉄など多くの鉄道が集結するアクセスの利便性、そしてブランド力の高い商業施設の充実が人気の背景にあるようです。

4位以下では、「品川」、「池袋」、「新宿」「目黒」とJR山手線の駅が上位にランクインし、「武蔵小杉」(東急東横線)が6位をキープする一方で、9位「大宮」、10位「浦和」とJR京浜東北線・埼玉県下の街がトップテンに顔を出す結果となりました。

今年は調査方法に一部変更があり、前年までの結果とは単純比較ができないようですが、東京都心部だけでなく、各エリアの中核となる街の人気が再認識されていると考えることもできそうです。

●「住みたい街ランキング2018 関東版」 ()の中は前年順位
1位(3) 横浜(JR京浜東北線)
2位(2) 恵比寿(JR山手線)
3位(1) 吉祥寺(JR中央線)
4位(5) 品川(JR山手線)
5位(7) 池袋(JR山手線)
6位(6) 武蔵小杉(東急東横線)
7位(12) 新宿(JR山手線)
8位(4) 目黒(JR山手線)
9位(15) 大宮(JR京浜東北線)
10位(19) 浦和(JR京浜東北線)

穴場だと思う駅ランキングは「北千住」、「赤羽」、「和光市」

この調査では「穴場だと思う街(駅)ランキング」も発表されています。

1位は「北千住」、2位は「赤羽」で、この2駅は総合ランキングでも23位、19位と上位にランクインしています。都心への利便性が良くて商業施設も充実、住宅価格相場とのバランスがとても良いと判断されているようです。

3位の「和光市」、4位の「大宮」は始発駅でもあり、通勤利便性からみても穴場ととらえることができそうです。「蒲田」「池袋」「田端」などは都心にも近い割に家賃相場が割安な駅、「守谷」「柏」などは郊外部ですが、交通利便性と商業利便性が高い駅だという評価があがっています。

3月に発表された「公示地価」によれば、地価上昇の波がすでに郊外部へと波及を示しています。ブランド力や人気知名度だけでなく、交通アクセスや生活利便性など実質本位の視点から街を選ぶこともおすすめです。

●「穴場だと思う街(駅)ランキング」
1位 北千住(東京メトロ日比谷線)
2位 赤羽(JR京浜東北線)
3位 和光市(東武東上線)
4位 大宮(JR京浜東北線)
5位 柏(JR常磐線線)
6位 守谷(つくばエクスプレス)
7位 川口(JR京浜東北線)
8位 蒲田(JR京浜東北線)
9位 池袋(JR山手線)
9位 田端(JR山手線)

関西では「西宮北口」と「梅田」が不動、3位に「神戸三宮」

関西エリアのランキングも発表されています。1位の「西宮北口」、2位の「梅田」は6年連続のワンツーとなり、相変わらず高い人気を保っている一方、3位には「神戸三宮」が浮上しています。三宮駅周辺では駅ビルの建て替えをはじめとする再開発事業が本格化していることで注目を集めているようです。10位には滋賀県から唯一「草津」がランクインしています。京都・大阪への交通アクセスが便利で、生活施設も充実している点が地元の人を中心にして高い評価を得たようです。

●「SUUMO住みたい街ランキング2018 関西版」 ()の中は前年順位
1位(1) 西宮北口(阪急神戸線)
2位(2) 梅田(地下鉄御堂筋線)
3位(7) 神戸三宮(阪急神戸線)
4位(3) なんば(地下鉄御堂筋線)
5位(4) 千里中央(北大阪急行線)
6位(4) 夙川(阪急神戸線)
7位(9) 天王寺(地下鉄御堂筋線)
8位(6) 岡本(阪急神戸線)
9位(8) 江坂(地下鉄御堂筋線)
10位(11) 草津(JR東海道本線)

※出典:リクルート住まいカンパニー
「SUUMO住みたい街ランキング2018 関東版」
https://www.recruit-sumai.co.jp/press/upload/2018_sumitai_kanto.pdf

「SUUMO住みたい街ランキング2018 関西版」
https://www.recruit-sumai.co.jp/press/upload/2018_sumitai_kansai_1.pdf