段葛(だんかずら)

段葛とは、鎌倉市の中枢スポットといえる若宮大路のなかにある、一段高い歩道のことをさす。1180(治承4)年に鎌倉入りした源頼朝が、二代目将軍・頼家を懐妊した北条政子の安産を祈って、1182(寿永元)年に北条時政以下の御家人と共に、土石を運んで築いたと言われている。 現在も、正月には多くの老若男女がこの段葛を歩き参拝に向かう。段葛は、もともと雨が降るたび若宮大路に土砂や水が流れ込み、道がぬかるんで歩 .....


PAGE
TOP