光明寺

古都・鎌倉に数多ある寺院の中で、有数の大伽藍を誇る、浄土宗大本山寺院「光明寺」。創建は鎌倉時代中期。ときの権力者、鎌倉幕府第四代執権(将軍に代わって政治を執る役職)・北条経時が帰依していた、浄土宗三祖然阿良忠上人により創建された。以後、歴代の執権の帰依を受け、鎌倉有数の大寺院に発展した。全国の浄土宗寺院で秋に行われる法要「お十夜」の発祥地でもある。国指定重要文化財である入母屋造りの本堂や、国宝指定 .....


PAGE
TOP