田中屋そば店

落ち着いた雰囲気が漂う、老舗のそば屋である「田中屋そば店」。「都心に持っていっても通用する」と言われる気品の高さを持ちながら、あえて創業の地・横浜にこだわり続けているという。

田中屋そば店
田中屋そば店

お店の案内をする名刺には、「慶応2年創業」とある。店主に聞いてみると、創業の地は横浜・馬車道あたりだったそうで、横浜界隈には「田中屋」の屋号を持った系統のそば店が、かつてはたくさん存在していたという。

田中屋そば店
田中屋そば店

今ではその数も減ってしまったし、そば店そのものの数も減少傾向にある、と店主は少し寂しげに語っていたが、店内の気品の高さに触れるとうれしそうな表情で話してくれた。今から50年ほど前に、現在地へ移転してきたというが、その際に店内の内装には素材にもこだわってつくったそうだ。壁面を覆う竹や土壁は、確かに本物で、その内装にかけた費用は、建物をひとつ建てる分ぐらいにものぼったとか。

1 2 3 




PAGE
TOP