神奈川県庁

みなとみらい線の日本大通り駅からすぐの立地にある、神奈川県庁。荘厳な印象を受ける建物の本庁舎は、昭和初期に流行した帝冠様式が取り入れられており、完成は1928(昭和3)年というからすでに90年あまりの歴史を刻んできたことになる。 本庁舎に隣接している新庁舎は1966(昭和41)年に完成したもので、地上12階・地下1階からなる。トイレやエレベーターを中央部に配したコアシステムが採用されている。県の機 .....




PAGE
TOP