コッペん道土(どっと) 市が尾店

コッペパン作成風景
コッペパン作成風景

近所の人たちの間では「行列ができるお店」として記憶されているコッペパン専門店。そのルーツは北海道にある。店主によると「北海道の木古内町という場所でお店をオープン。その後、北海道食材を使ったおいしいコッペパンを多くの人に知ってもらいたく、市ヶ尾にお店を出しました」とのこと。特に木古内町の特産品「みそぎの塩」を用いたパン「ぱくぱく塩パン」は人気メニューの1つ。外はカリッとしていて中はフワフワで、食べ始めたらとまらない美味しさだ。

メニューの札
メニューの札

店内には、メニューの札が壁一面にずらりと並ぶ。30種以上はあるだろう。「目玉焼きオムレツ」や「テリヤキたまご」などのお食事系から、「抹茶あん」や「いちごホイップ」などのお菓子系まで、種類は豊富だ。お客から注文が入るとカウンターの向こう側でスタッフが一つ一つを丁寧に手作りしてくれる。できたてのコッペパンを味わうことができるのだ。

人気メニューの「ザンギ」
人気メニューの「ザンギ」

人気の秘訣は、具材が飛び出るほどのボリューム。例えば、人気メニューの1つ「ザンギ」は、パンから唐揚げ3つが顔を出している。フワフワのコッペパンと、チキン南蛮風に味付けされた唐揚げとの相性は抜群。ちなみに、北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶそうだ。

お菓子系の人気メニュー「粒あんホイップ」は、十勝産の小豆を使い、生クリームをたっぷりのせてある。パンよりも生クリームの方が大きいほど。これは食べ応え充分。「おかず系1個とお菓子系1個の計2個も食べれば満腹になりますよ」とのこと。食べ盛りの子どもにも、もちろん人気がある。

お店の外観
お店の外観

2016年12月にオープンしたお店。テイクアウト専門だ。定番のコッペパンはもちろん、季節限定のコッペパンがあるなど、訪れる度に楽しい発見がある。おかず系とお菓子系のコッペパン2つをリーズナブルに味わえる「ランチセット」は平日限定のお得なサービス。LINE登録すると1個無料になるサービスもやっている。

コッペん道土(どっと) 市が尾店
所在地:神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1054-1 
電話番号:045-532-8443
営業時間:10:00~18:00(パンがなくなり次第終了)
http://coppendot.com/





PAGE
TOP