仏蘭西料理 ミルフィーユ

ミルフィーユ
ミルフィーユ

フレンチ歴28年のベテランシェフが作る、伝統的なフランス料理が好評のレストランが西千葉地区にある。京成線「みどり台駅」から徒歩1分。まさに駅とは目と鼻の先という位置にありながら、閑静な住宅街の入り口に建つ黄色い建物の「仏蘭西料理 ミルフィーユ」がそれだ。

仏蘭西料理 ミルフィーユ
仏蘭西料理 ミルフィーユ

オーナーシェフの三宅さんは、1980年から都内のフランス料理の名店「こけしや」で4年間修行し、その後1984年に一度渡仏。1年間さらに腕を磨き、帰国した1985年から「こけし別館」のスーシェフとして働き、1991年に独立してこの地に店を構えた。
ミルフィーユの名は、フランス語で「ミル=千」と「フィーユ=葉っぱ」、つまりふたつ合わせて出身地の「千葉」になるということからつけたのだとか。

仏蘭西料理 ミルフィーユ3
仏蘭西料理 ミルフィーユ3

内部はカウンターの5席を含む、35席と程よい大きさの家庭的な雰囲気。店内の中心にさりげなく飾られた花が、センスのよさを感じさせる。

このお店のおすすめ第一位は、オープンからずっとこの店の味としてメインの座を守ってきた「牛舌の赤葡萄酒煮込み」なのだとか。一週間かけてじっくり煮込む秘伝のデミグラスソースをベースにしたその味は、巧みの技が楽しめるメニュー。
しかし今回は、敢えて女性に人気の高いという「気まぐれランチ」を頼んでみた。スープ、サラダ、メイン(魚or肉)、パン(orライス)、デザート、ドリンクというコースにも関わらず1,680円というお値打ちさにも惹かれたのだが、その日の仕入れによってメインの内容が変わるという、文字通り“気まぐれ”なところが決定打だった。その日でないとそのメニューはもう二度と出会えないかもしれないと思うと、頼まずにはいられなかった。

仏蘭西料理 ミルフィーユ4
仏蘭西料理 ミルフィーユ4

まず最初に運ばれてきたのは、新鮮なカボチャの甘みと生クリームが絡み合った、安心できる定番のスープ。そしてサラダ。
野菜がとても甘く、スープもサラダも野菜の味が別格!聞けば、食材は新鮮であることはもちろんの事、安全面も考慮した物を使用しているそう。特に野菜に関しては、生産農家と契約して十分に気を配っているのだとか。さらに秘伝の手作りドレッシングが、その野菜の旨味を一段も二段も引き上げてくれるのが嬉しい。何でも、野菜嫌いの子供でも、ここの野菜とドレッシングの組み合わせなら喜んで食べるのだというが、心から納得した。

仏蘭西料理 ミルフィーユ5
仏蘭西料理 ミルフィーユ5

そしていよいよメイン料理。通常は魚か肉を選ぶのだが、今回は取材ということで特別に両方を食べ比べさせていただいた。まずは本日の魚料理「メダイのポワレのポルチゲーズソース」。白身はフワッと柔らかく、皮はカリッと香ばしく、思わず口いっぱいこぼれんばかりに頬張りたい!という衝動に駆られるほど美味しい。魚自体も美味しいのだが、トマトベースのポルチゲーズソースとバジルソースがさらに食欲を掻き立てるうえ、付け合せのスティックセニョールとプチトマトが一口ごとに口中を洗い流してくれ、箸が止まらない。

仏蘭西料理 ミルフィーユ6
仏蘭西料理 ミルフィーユ6

次の肉料理は「若鶏のシードル煮」。新鮮な若鶏をシードルでじっくり煮込んだものだが、「これがフランス料理?」と思うほどあっさりしている。そしてシードルのほのかな酸味と鶏皮の甘みがマッチしているうえに、付け合せのプチベールが口をさっぱりとさせ、一口ごとに新鮮な味わいを楽しませてくれる。とにかく料理すべてにシェフの気遣いが染み渡っているのを感じる。

仏蘭西料理 ミルフィーユ7
仏蘭西料理 ミルフィーユ7

最後は“生落花生のアイスクリーム”と“くるみのタルト”と“ライチのムース”が乗った、「デザートの盛り合わせ」。もちろん全て美味いのだが、注目は“生落花生のアイスクリーム”。他の言葉で飾っても陳腐に感じるくらい、とにかく美味い。契約農家から生の落花生が手に入る時期にしか作らないというものなので、興味のある人は是非!
メニュー例:
気まぐれランチ…1,680円
ビジネスランチ…945円
牛肉の赤葡萄酒煮込み…1,995円
オードヴルの盛り合わせ…1,575円
エスカルゴのブルゴーニュ風…892円
若鶏のソテー…840円 特製ハンバーグ…945円
ミルフィーユコース…フルコース6,000円・1/2コース4,000円

仏蘭西料理 ミルフィーユ
所在地:千葉県千葉市稲毛区緑町2-16-7 
電話番号:050-5887-5921
営業時間:11:00~15:00、17:30~21:00(日曜日、祝日 12:00~)
定休日:月曜日、第2日曜日
http://www.hotpepper.jp/strJ000187545/

稲毛区のitot


PAGE
TOP