TiMi

東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅近くに佇む洋菓子店「TiMi(ティミ)」。TiMiはアイルランド語で「時」を意味する言葉。心がほっとする時間にTiMiのお菓子がそばにあってほしいという想いから名付けられたという。

TiMi外観
TiMi外観

店内には心地よい時間が流れる
店内には心地よい時間が流れる

商品は生菓子のケーキを焼き菓子にした「ベイク」や、オーガニック食材をメインに使用して作られたクッキーやシリアルバーなどの焼菓子、自家製のパンなど体にやさしい食材で作られたものばかり。店内には、できたての15種類のケーキと70種類のパンが並び、どれもほっとする美味しさだ。前述の「ベイク」は同店の看板商品で、モンブランやティラミス、フルーツタルトなどケーキが焼き菓子になった新感覚スイーツ。口にした瞬間、芳ばしい生地とバターのふんわりとした香りに包まれ、クリームが練りこまれたクッキー生地や季節のドライフルーツが個性豊かな味わいで楽しませてくれると評判だ。

豊富なラインナップで目を楽しませてくれる
豊富なラインナップで目を楽しませてくれる

看板商品のベイク
看板商品のベイク

同店はテイクアウトがメインだが、イートインも可能。店内の地下には全18席の隠れ家ムードで溢れる喫茶スペースがあり、お菓子やパンと一緒にオリジナルコーヒーや紅茶をのんびりと楽しむことができる。また、同店はランチメニューも人気で、日替わりサンドとサラダ、デリがセットになったお得なランチボックスもオススメだ。

隠れ家のようなイートインスペース
隠れ家のようなイートインスペース

オーガニックティーや珈琲が楽しめる
オーガニックティーや珈琲が楽しめる

オリジナルの人気のパンで、日替わりの具材を挟み込んだサンドはやみつき必至でケータリングにも最適、リピーター続出とのこと。ただしランチボックスは数量限定なのでご注意を。自宅でのティータイムに、ランチに、家族や友人へのプレゼントに同店の焼き菓子やパンをチョイスして、プチ贅沢を愉しんでみてはいかがだろう。

オリジナルのパンはリピーターも多い
オリジナルのパンはリピーターも多い

自分好みの焼き菓子やパンを見つけるのが楽しい
自分好みの焼き菓子やパンを見つけるのが楽しい

遠方の人でも心配ご無用。同店ではネットショッピングも充実しており宅配も可能なので誰でもどこにいても気軽に注文できるのが嬉しい。半蔵門エリアの住人に限らず、多くの人に愛される同店。店は来る楽しみと食べる楽しみが満載の仕掛けに溢れる、まさに心がほっとする空間であった。

店内で手作りの焼き菓子
店内で手作りの焼き菓子

ほっとする時間を過ごすことができる
ほっとする時間を過ごすことができる

TiMi
所在地:東京都千代田区一番町 一番町15-20 一番町フェニックスビル101
電話番号:03-6272-4968
営業時間:月~金、祝前日: 10:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:30)
土: 10:00~19:00 (料理L.O. 18:30 ドリンクL.O. 18:30)※11:30~14:00はランチタイム
定休日:日曜日・祝日
http://www.timitag.com/



PAGE
TOP