あたご小西

急勾配の“出世の石段”で知られる「愛宕神社」。乗馬のまま昇り降りした丸亀藩藩士・曲垣平九郎が、徳川幕府3代将軍・徳川家光に賞賛されたエピソードの舞台である。その「愛宕神社」の参道脇には、1641(寛永18)年に小西弥兵衛が開いた酒屋、「小西」に由来する「あたご小西」が店を構えている。近代的な外観から見落としてしまいがちだが、愛宕山の歴史を語るときには欠かせない存在と言える。 .....


PAGE
TOP