戸越公園

「戸越公園」の歴史は古く、江戸時代の熊本藩主がこの地に建てた屋敷の庭園がそのルーツになるのだそう。明治時代に、かの三井家の持ち物となり、その後、昭和の時代になって三井家が旧荏原町役場(後の品川区)へ寄付。それが旧東京市に引き継がれ、1935(昭和10)年に公園として正式に開設された。そんな歴史が反映されてか、公園入口には荘厳な門(薬医門)が待ち構え、池のほとりからの眺めは風流という言葉がよく似合う .....


PAGE
TOP