みずのとう公園

みずのとう公園
みずのとう公園

哲学堂公園の北側にある「みずのとう公園」を漢字で書くと、「水の塔」。この名称は、国の登録文化財に指定されている、昭和初期の建造物「野方配水塔」があることによるもの。昭和初期の建築様式を残す塔は、給水塔としての役目を終えた後、1977(昭和52)年に震災対策用応急給水施設として復活。それに伴い、給水所跡地も整備され、公園と区立幼稚園が造られた。エキゾチックなドームの中に常時2,000トンもの水を貯める給水塔のある公園は、災害時の避難所であり、江古田のシンボルでもある。

みずのとう公園
所在地:東京都中野区江古田1-3 
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/..



PAGE
TOP