王子神社

「王子神社」は、この街の名称「王子」の由来とされている神社。いつ、この地に神社が建てられたのかは不明だが、もともとは紀州(現在の和歌山県)の熊野権現から分身・分霊をして祭られたもの、と言い伝えられている。1322(元亨2)年にこの地の領主だった豊島氏により社殿が再興され、「若一王子宮」「王子権現」と呼ばれるようになったと言われている。 JR「王子」駅親水公園口を出て、音無川沿いに親水公園を歩くと右 .....
北区のitot


PAGE
TOP