臨港パーク

臨港パーク
臨港パーク

「パシフィコ横浜」の裏手に広がる海辺の公園、「臨港パーク」。その名の通り、横浜港を臨む場所に立地する公園で、石畳・水辺・芝生、3つのエリアに分かれている。大部分は芝生の広場が占めており、みなとみらい地区最大の緑地となっている。

芝生が広がる
芝生が広がる

公園内は緑の木立と海の青とが広がり、さらにその向こうに港湾地区の建物やベイブリッジの姿が広がり、その景観は美しく素晴らしい。潮の香りを間近に感じながら散策を楽しんだり、ベンチに腰を下ろし、港を行き来する船の姿などを見ながらのんびり過ごしたりと、町中の喧噪(けんそう)から離れ、心安らぐひとときを得ることができる。

オブジェやモニュメントも特徴的
オブジェやモニュメントも特徴的

石畳が広がる南口広場では月に一度、フリーマーケットが開かれるほか、夏には「みなとみらい大盆踊り」が開催され毎年多くの来場者で賑わう。「潮入りの池」は水位が潮の満ち引きによって変化する、面白い仕掛けのある池である。芝生広場では四季折々の草花を愛でられるほか、所々にオブジェがあり訪れる人を楽しませてくれる。

臨港パーク
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1(パシフィコ横浜) 
https://www.pacifico.co.jp/visitor/floor..



PAGE
TOP