横浜雙葉小学校

横浜雙葉小学校
横浜雙葉小学校

JR根岸線「石川町」駅から「山手」駅にかけての丘陵地帯は、「フェリス女学院大学」、横浜女子御三家とも呼ばれる「横浜共立学園中学校・高等学校」、「横浜雙葉中学高等学校」、「フェリス女学院中学校・高等学校」など、ミッション系の女子中学や高等学校をはじめ、多くの学校が集まる文教エリア。その一つである「横浜雙葉小学校」は、横浜市中区の緑豊かな山手の丘に位置している「横浜雙葉学園」の小学校である。近くには元町公園や数々の西洋館もあって、外国人墓地には学園の創立者である「マザー・マチルド」も眠っている。

横浜雙葉小学校への交通は、JR根岸線「石川町」駅、「山手」駅より徒歩約15分、みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩約12分、市バス上野町、妙香寺バス停より徒歩5分である。

1914(大正3)年に「紅蘭女学校付属初等科」として誕生したが、関東大震災、横浜大空襲という試練を乗り越えて、時代に至っている。1947(昭和22)年に元海軍の施設だった建物を移築して、「紅蘭女学院」が新しい校名となった。1951(昭和26)年には、サンモール修道会の経営する学校は、校名を「雙葉」とすることになり、現在の校名と校歌に。その後、講堂や図書館、そして伊豆山荘が完成し、学園創立80周年の頃には、新館や学級園も完成した。学園創立100周年に向けて「パソコンルーム」と「科学教室」も完備。さらに、聖堂と新しい宗教室も完成し、教育環境は万全の状態といえる。

横浜雙葉小学校
所在地:神奈川県横浜市中区山手町226 
電話番号:045-641-1628
http://www.y-futaba-e.ed.jp/



PAGE
TOP