手作り工房 横濱カステラ カステラ文

手作り工房 横濱カステラ カステラ文

環状4号線沿いに店を構えるカステラ専門店「カステラ文」は、横浜市に住む人であれば一度はどこかで目にしたはずであろう、「横濱カステラ」の製造元。多くの百貨店では横浜銘菓のコーナーに置かれており、他県での物産展でも、神奈川県を代表する一品としてたびたび登場してきたものだ。

手作り工房 横濱カステラ カステラ文

創業は1969(昭和44)年。現社長である石出克彦氏の父親である石出重治氏が長崎でカステラ作りを学び、「カステラの第二の故郷」とも言われる横浜での開業を決意。現在地に近い瀬谷の地で小さなカステラ店を構えたことに始まる。

先代はかの「文明堂」の創業にも関わっていた人物ということなので、その腕と人脈が素晴らしかったことは想像に難くない。かつてはプレーンのカステラのみだったが、二代目が経営するようになってからは次々とアグレッシブな新商品を生み出し、話題を振りまいてきた。

手作り工房 横濱カステラ カステラ文

現在の店は製造工場に小さな売店スペースが付いた程度の場所だが、「横濱カステラ」の魅了された常連客が遠方からも訪れるという。店頭にはカステラが置かれているが、その多くは「切れ端」を使ったもので、百貨店で売るものよりもリーズナブルになっている。もちろん、少々形が悪くても味は変わらないので、沢山買い込むお客さんであれば遠方から来る価値もあるというものだ。

1 2 3 4 


PAGE
TOP