銀座キャンドルライトクラブ センター南店

昭和25年、東京・銀座に誕生した洋食屋「銀座キャンドル」が、自由が丘に続き、センター南駅に2006年オープンした。

お店外観
お店外観

港北東急SCやキーサウスなどが濫立し、たくさんの飲食店がひしめくエリアにありながら、平日でもピーク時は満席状態。店内の65席は、20~30代の女性で占拠される。その人気の秘密は、ハンバーグやグラタンなど老舗の味はもちろん、野菜をふんだんに使ったスープや前菜のおいしさと、手頃な価格にある。同店には、本店にはないメニューとして、「小皿料理」が用意されている。これは「料理の一品一品が多いと色々食べられない」「もっといろんな味を楽しみたい」という声に答えたもの。そのため、値段も料理のサイズに合わせて一皿500円~という安価が実現できたのだ。このお得感が女性の心をつかんだらしい。

ランチのパスタ
ランチのパスタ

おすすめメニューは 「1950年の海老マカロニグラタン」 1,260円 や、「特選和牛のハンバーグステーキ 温野菜添え」1,575円 、「オニオングラタンスープのパイ包み」735円 など。ランチは1,000円~の予算で、パスタやハンバーグなどボリュームのある料理が堪能できる。また、提供される「パン」も手作り。焼き立てのパンって本当に美味。ついついパンのメニューをオーダーしたくなるほど。30年以上もホテルの統括パティシエだった実力派が創作するスイーツはしっかりとして食べ応えがある。今まで自由が丘で仕込んでいたアップルパイやチーズケーキに加え、20種類以上のスウィーツが登場!

ランチの前菜
ランチの前菜

特に「1950年のアップルパイアラモード 945円」は焼きたてりんごとサクサクのパイにアイスと特製ソースで抜群の味わい。入り口にはケーキのテイクアウトコーナーもあるので、お土産に買って行きたいところ。店内は、北欧系のユーズド家具中心のインテリアでウッディにまとまっている。壁や床も落ち着いたブラウンが基調。オープンデッキでの食事もできるので、晴れた日などはおすすめ。

ところで、「センター南エリア」は、別名「お子様のまち」と言われていのをご存知だろうか。トイザらスや赤ちゃん本舗などの赤ちゃん用品店が多く、エレベーターなどのバリアフリーが浸透しているので、自然と子育てママを引き寄せる結果となっているらしい。

授乳室
授乳室

なるほど、オープンデッキで食事をしている間中、ひっきりなしにベビーカーが通る。そんな流れをうけてか、このお店には、何と「授乳室」がある。鍵がかかる2畳ほどの部屋で、授乳時に座る椅子以外にオムツ替え用のベッドまで用意されている。お店の「赤ちゃん歓迎」の姿勢は、ママの口コミで広がり、店の前にベビーカーがズラリと並ぶ時もあるそうだ。

時間が許すものなら、このお店のワインアドバイザーセレクトのドリンクの味も、一度堪能してみたいところだ。

※本文内の価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

銀座キャンドルライトクラブ センター南店
所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 C・Mport1F
電話番号:045-949-8655
11:30~23:00(フードのラストオーダー22:00、ドリンク22:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)、月曜日が祝日の場合営業、翌火曜日休み
http://www.ginza-candle.com/lightclub/ac..



PAGE
TOP