日本料理 恵の本

日本料理 恵の本
日本料理 恵の本

江戸時代に、江戸から日帰りで旅することのできる「大師詣で」で人気のあった川崎大師近辺では、ハマグリを味噌仕立てにした「蛤(はま)なべ」が名物となり、参詣客たちの大きな楽しみとなっていた。太陽が昇るころに日本橋を発ち、六郷から渡し船で大師までやってきてお大師さまに手を合わせたあと、この蛤なべで一献傾ける風景は、活気があり、また粋なものだった。

時を経て現在、大師の浜は埋め立てられ、漁師たちもほとんど姿を消したが、今もこの時代を彷彿とさせるハマグリを使った蛤なべを出す店がある。川崎大師の表参道に居を構える「日本料理 恵の本」がその唯一の店だ。4代将軍・家綱の治世、大師詣でが盛んとなった時代に、茶店のようなものを出したのがことの起こり。以後、約340年もの間、のれんと蛤なべの味を脈々と守り続けている。

昔から続く江戸前料理を出し続けている恵の本。この先もずっと、この店で川崎の浜の料理が伝えられていくことを願わずにはいられない。

日本料理 恵の本
所在地:神奈川県川崎市川崎区大師本町9-12 
電話番号:044-288-2294
営業時間:平日 11:00~21:00、日祭日 11:00~19:00
定休日:木曜



PAGE
TOP