三笠公園

三笠公園

日本の都市公園100選に選ばれた横須賀を代表する公園「三笠公園」。公園には、1902(明治35)年にイギリスで建造され、日露戦争中(1904~1905)日本の連合艦隊の旗艦として、明治38年5月27日の日本海々戦においてロシアの遠征艦隊38隻を全滅する偉功を遂げた戦艦「三笠」が復元され保存されている。

また、船内では日露戦争当時の物品を展示している。水と光と音をテーマにした公園ということで、音楽に合わせて舞う噴水があり、1日に6~7回ショーが行われ、18:30と20:00にはライトアップされるという。そのほか、豪放な壁泉、高さ18メートルのモニュメント、園内を流れるせせらぎなどがあり、訪れる人々に安らぎを与えている。

ちなみに、明治から昭和期の要塞の跡が見学できる「猿島」への船が公園の横から出ている。昭和にタイムスリップしたような気分を味わうことが出来る公園だ。

三笠公園

三笠公園
所在地:神奈川県横須賀市稲岡町82 (三笠公園管理事務所)
電話番号:046-824-6291
開園時間:8:00~21:00(4~10月)、9:00~20:00(11月~3月)
休園日:なし
http://www.kanagawaparks.com/verny-mikas..