パーラー 扉


●パーラー扉のフルーツババロア

「鎌倉みやげ」といったらどんなものをイメージするのだろうか。きっと多くの人が黄色の缶から出てくる「あの味」が頭をよぎるに違いない。

そう、それは「豊島屋の鳩サブレー」。鳩を形どった歯ごたえのよいサブレを子供の頃お土産で貰うのが嬉しかった、という懐かしい記憶があの缶を見ただけで甦ってくる。

創業は明治に遡ると言う名店「豊島屋」は、今や県内外に店舗を構えているが、「豊島屋 鎌倉駅前扉店」は鎌倉駅前のバスロータリーをみわたせる見通しのよい場所にある。

1階には看板商品の「鳩サブレー」、その他上生菓子をはじめとする和菓子の数々、チーズケーキ等の素朴な焼き菓子などを販売するコーナーがある。丁度その反対側に上階へと続く階段があるのだが、その先に目がいく人は以外と少ない。

この階段の先にあるのは昔ながらの「フルーツパーラー 扉」と、和のお味が楽しめる「和風茶寮 扉」。古くからの鎌倉の住人たちには馴染みの場所なのだが、駅前にあるにも関わらず観光客はみかけない、静かでゆったりとした時間がそこにある。

2階の「フルーツパーラー 扉」では海老フライや、ビーフシチュー、ミックスサンドイッチなどの洋食メニューと、チョコレートパフェやアップルパイ等のスイーツ類が楽しめる。

メニューを見ているとその豊富さに迷ってしまい、決めかねてしまうが、そんな時には「もう一つのメニュー」を見る事をすすめたい。

「もう一つのメニュー」それはお料理と、デザートのミニチュア版サイズが紹介されたメニュー。

かにクリームコロッケ、カレー、ハッシュドビーフなどすべての料理が小皿に盛られて供される。どれも400円で、パン、ライスは+100円でオーダーできる。

同じくデザートも小さな器にもられてすべて300円。

遊び心がくすぐられ、まるでフルオーダーの「お子様ランチ」のように、あれもこれもと手を出したくなる。お腹の具合と懐具合と相談し、今日の気分に最高にマッチした「自分だけのメニュー」を選んでみたい。

※本文内の価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

パーラー 扉
所在地:神奈川県鎌倉市小町1-6-20 
電話番号:0467-25-0505
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)



PAGE
TOP