ジェット

箕面市船場はかつて、繊維工業の中心地として栄えた街。大阪万博が開催された頃には、繊維卸売業者が力を合わせて、小売店を相手に繊維製品と生活用品の卸売を行う、言わば共同卸売店の「SSOK」を開いた。扱う商品数と種類が増加するにつれて増床し、現在は「ジェット」として営業している。卸問屋なので、「購入」ではなく「仕入れ」を行う小売業者だけが入れるが、会員登録は個人でもできるので、業者でない一般の人でも、問 .....


PAGE
TOP