回向院

「回向院」は、1657(明暦3)年に開かれた浄土宗の寺院。この年、江戸では「振袖火事」の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が消失。10万人以上の人命が奪われ、そのほとんどが身元不明の遺体となった。 そのため、当時の将軍家綱は、無縁仏を手厚く葬るため「万人塚」という墳墓を設置。そして、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行った。その際、お念仏を行じる御堂が建てられたのが .....




PAGE
TOP