久が原駅

高級住宅街の玄関口で、大正時代に開業した長い歴史を持つ各駅停車駅「久が原」駅。環状八号を挟んだ向こう側に、東急多摩川線の「鵜の木」駅がある。開業時は「末広」というおめでたい駅名だったが、後に、現在の駅名に改称された。周辺の地名「久が原」は、駅名より後に付いたもの。上り線と下り線それぞれのホームごとに改札が設けられており、乗車する際に使い分ける必要がある。住宅街に近いため、駅舎の規模に比して利用者数 .....




PAGE
TOP