神龍山開宮寺井口院

井口院
井口院

「神龍山 井口院(いこういん)」は徳川時代の初期、1658(万治元年)年に僧・清長と名主の井口春重が協力して建立したといわれる真言宗のお寺。境内にある石仏の「雨乞い弥勒菩薩」は霊験あらたかで、江戸時代には秩父や川越から雨乞いに訪れたと言われている。また、ここは関東88カ所霊場第70番、多摩新四国88カ所霊場第3番札所でもある。

神龍山開宮寺井口院
所在地:東京都三鷹市上連雀7-26-26 
電話番号:0422-46-6755





PAGE
TOP