玉川上水 小金井桜

小金井橋を中心とする玉川上水沿いのヤマザクラの並木は、「小金井桜」と呼ばれ、江戸時代から桜の名所として親しまれていた。起源は、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗が世を治める1737(元文2)年。武蔵野新田世話役の川崎平右衛門定孝が幕命により、奈良県の吉野山と茨城県桜川から取り寄せて植樹したと伝えられる。現在「小金井桜」は国の名勝にも指定されており、玉川上水とともに整備・保全が進められている。玉川上水 小金 .....




PAGE
TOP