さくら通り

さくら通り
さくら通り

「矢川」駅と「谷保」駅の間を線路と並行して東西につなぐ、約1.8kmの通称「さくら通り」。正式名称は「国立市道富士見台第6号線」だが、道沿いに約180本の桜並木があることから、この名称が付けられている。桜の名所が多い国立市の中でも、春の名所として親しまれ、地元の人にその美しい景観を大切にされてきた。今後、道路は改修工事が施され、車道を狭めた上で歩道部分を拡張し、桜は花の色がより美しい品種が植樹されて、4年後に更に美しい通りになることが計画されている。

さくら通り
所在地:東京都国立市富士見台2 ほか 



PAGE
TOP