自家焙煎珈琲専門店 華かんざし

P1000581.JPG
P1000581.JPG

クリスマスに忘年会、年末の慌ただしさから抜け出したくなった時に、ほっと一息つける隠れ家を見つけた。場所は武蔵小杉駅から南武線の武蔵中原駅へ向かう途中で、コーヒーのいい香りが漂ってきたら、サンドベージュの外壁と、大きな窓に囲まれた建物を探してほしい。そこがお目当ての自家焙煎珈琲豆の専門店「華かんざし」だ。

2006年にオープンしたこの店は、オーナーのお眼鏡にかなった厳選された珈琲豆のみを扱っている店として、コーヒー通の間では「コダワリの自家焙煎珈琲専門店」として知られているという。

P1000576.JPG
P1000576.JPG

さて、ドアをあけ中に入って右手には大きな珈琲豆の焙煎機があり、ここで毎日豆を挽いているらしい。そしてゆったりとした空間には、真空パックされたコーヒー豆や保存瓶等の小物が並べられている棚が置かれたコーナーや、ひきたての珈琲が楽しめる席が用意されている。

P1000580.JPG
P1000580.JPG

ここではウェッジウッド、伊万里焼などの高級食器でコーヒーを楽しむことができるという。香りと味わいもさることながら、口当たりの良い上質のカップで頂くという特別感が優雅な気分にさせてくれるのだ。

また自家製のスイーツも美味しいと評判だ。とくにチーズケーキは、しっかり、たっぷりとクリームチーズがつかわれていると聞いたので、重ための味を想像していたが、口溶け滑らかで、さっぱりとした口当たりに仕上げられていた。また珈琲ゼリーをたっぷりと盛ったコーヒーゼリーパフェは生クリームとゼリー、コーンフレークが層になっていて様々な食感と味わいが楽しめる。他にも常時数種類のスイーツが用意されているが、いずれも甘みを抑え、コーヒーをより引き立てる味だと、辛党にも人気なのだとか。

自慢の珈琲は注文を受けてから豆を挽き、時間をかけてドリップするため、酸味も雑味もないという。とくに「華かんざしブレンド」は、まろやかな口当たりなのに深いコクが楽しめるとあり、この一杯で「珈琲嫌いが克服できた」という人もいるほどだ。そして、華かんざしファンになったならオススメしたいのがオリジナルの珈琲豆のパックだ。新鮮な味わいを損なわないようにと100g単位で真空パックされているので、いろいろな味を気軽に試せるだろう。

P1000572.JPG
P1000572.JPG

ランチタイムのみパスタやサンドウィッチ、カレーが楽しめる。とくにカレーはインド人シェフの手による本格的なインドカレーで喜ばれているという。いずれも珈琲がセットされていてお得感があるので混雑必至だ。早めに席を確保して、ゆっくりと食事と珈琲を楽しみたい。

P1000569.JPG
P1000569.JPG
ストレート珈琲…400円
武蔵小杉ブレンド…400円
コーヒーゼリーパフェ…580円
ランチ(カレー、パスタなど)…800円~

自家焙煎珈琲専門店 華かんざし
所在地:神奈川県川崎市中原区今井上町45-2 
電話番号:044-711-0465
営業時間:10:00~19:00(平日)
10:00~18:00(土・日・祝日)
定休日:不定休





PAGE
TOP