江の島

江の島は、藤沢市の南に位置する周囲4kmほどの小さな陸繋島である。激しい波の侵食を受けてできた海食崖や海食洞をもつ神秘的な荒々しい島の姿から、古くは修業や参拝など信仰の地となっていた。江戸期終わりごろからは景勝地としての色合いが濃くなり、現代では湘南観光の中心地として、1年中、行楽客で賑わう。 日本三大弁天の一つで島内3か所に点在する江島神社は、552(欽明天皇13)年に欽明天皇の勅命で島の洞窟( .....




PAGE
TOP