安倍晴明神社

阿倍野の豪族だった安倍保名(あべやすな)と、葛の葉と名乗る白狐の間に生まれたという伝説が残る、安倍晴明生誕の伝承地と知られている。社伝によると、晴明没後の1007(寛弘4)年に創設。幕末に衰退したが、1921(大正10)年に、「阿倍王子神社」の末社として復興、1925(大正14)年に現在の社殿が建てられたといわれている。境内には、安倍晴明誕生地の碑や、産湯井の跡などがあるほか、境内全体に大阪市の保 .....




PAGE
TOP