遊びの中から学ぶ子どもの育ちを見守る/川口市立戸塚児童センターあすぱる 所長 澤田幸江さん

川口市立戸塚児童センターあすぱる
所長 澤田幸江さん

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

遊びの中から学ぶ子どもの育ちを見守る
「川口市立戸塚児童センターあすぱる」

2001(平成13)年の埼玉高速鉄道の開通に伴い、著しい人口の増加とともに発展した「東川口」。緑の多い環境と整備された街並みは子育て中のファミリーにとっても理想的な環境で、2005(平成17)年の「川口市立戸塚南小学校」の開校とともに待望の児童センター「あすぱる」もオープンしました。

今回は「あすぱる」の所長を務める澤田幸江さんに施設の特徴と街の魅力についてお話を伺いました。

近代的なつくりの建物ですが、「あすぱる」の概要と特徴について教えてください。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

南平、芝の児童センターに続き、川口市内で3番目となる「川口市立戸塚児童センターあすぱる」が誕生しました。お隣の「川口市立戸塚南小学校」の開校と同じく2005(平成17)年4月のことでした。近代的なつくりの建物を見ていただいても分かる通り、川口市内の新設の児童センターとしてはもっとも新しい施設となります。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

オープン当時は“前衛的”とか“斬新”といった外観の特徴が評判となりました。バリアフリーに対応した設計やひろびろとした空間は、実際に利用してみると子どもさんを連れていらっしゃるお母さんには快適なようです。

 

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

南平、芝の他の2館と比べると、「遊戯室」と「集会室」がそれぞれ分かれていることと、「遊戯室」の広さそのものも特徴です。東川口には他の地域から移り住むいわゆる“新住民”が多く、出生率も市内でもっとも高い地域のひとつです。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

お隣にある小学校の児童の利用も多く、乳幼児の利用者数も含めると利用者数は、施設の広さの違いはありますが他の児童センターの約2倍になっています。東川口駅周辺に3カ所ほどある、民間の保育園の“子育て支援センター”と共に、地域にとって欠かせない貴重な空間です。

さまざまなプログラムが用意されているようですが、人気のイベントについて教えてください。また参加は無料ですか?

児童センターを利用したことの無い方にはまず、施設への入館・利用は原則“無料”であることをお伝えしたいと思います。開催される一部のプログラムによっては、受益者負担ということでお金を頂戴しておりますが、文房具や食材など10円から数百円のものがほとんどです。

人気の高いプログラムのひとつとして、当館の元保育士が講師として開催している「ベビーマッサージ」があります。オイル代とマット代の600円で参加できるようです。東川口には子育てに関心の高い方も多く、10名の定員もいつもいっぱいです。

また土曜日に開催される「親子クッキング」は食材費100円、紙粘土でマカロンを作る手芸体験も材料費50円で参加できます。その他にも、当館の10名のスタッフにボランティア26団体、約50名もの協力を得てさまざまな活動を行っています。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

なかには年間25回開催の「幼児クラブ」(4月公募)に参加して、その後“自主サークル”として有志のお母さん方が集まり、手芸や音楽などさまざまな活動へと発展しているようです。

 

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

リュックサックや帽子など、本格的な手芸品を作るサークルも活動しています。

地域活動のひとつとして、“エコクラブ”という特色のある活動も行われていると伺ったのですが?

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

2005(平成17)年に新設された「戸塚南小学校」では“エコスクール”といった位置づけのもと環境に配慮した活動が熱心に行われています。学校の南側にひろがる竹林を利用して、自然のなかで学びを促す“自然体験学習”が盛んに行われ、その活動は「戸塚南小エコクラブ」として幅を広げているようです。

 

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

当館の活動としては、「戸塚南小あすぱるエコクラブ」のもと、学校の屋上にある農園を一部借り受けて、野菜づくりに取り組んでいます。乳幼児を対象としたプログラムになりますが、毎朝の水やりから畑の管理、収穫までボランティアの方のアドバイスを受けながらみずから農業体験をしています。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

児童センターとしてはあくまで“子どもを受け入れる場”としての姿勢を大切にしていますので、当館のスタッフが代わりに水やりをすることはありません。毎日のお手入れから収穫まで各ご家庭のサポートというかたちで見守っています。トマトや茄子、とうもろこしなど、今年はどんな作物が採れるのか非常に楽しみです。

最後に、これからの施設としての目標と地域への関わり方についてお聞かせください。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

周囲の環境をご覧になっていただいても分かると思いますが、東川口には豊かな緑があります。エコクラブの活動もそうですが、自然と触れ合うなかで多くを学び、自然の恵みに感謝できる豊かな子どもの育ちのお手伝いができればと思います。地域の子育ての拠点として、地域の方とも協力し合いみんなで子どもたちを見守っていきたいと思います。

川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

年度はじめに募集を開始する定員制のプログラムは、市で発行する広報誌をご覧ください。また、ホームページには毎月プログラムを掲載していますので、興味のあるイベントがあったらぜひご来館ください。お待ちしています。

 
川口市立戸塚児童センターあすぱる
川口市立戸塚児童センターあすぱる

今回、話を聞いた人

川口市立戸塚児童センターあすぱる

所長 澤田幸江(さわだゆきえ)さん

以前は「川口市立芝児童センター」の所長補佐も務めていたという経験豊かな子育てのプロフェッショナル。写真は苦手なようでしたが、子どもと向き合ったときの柔和な笑顔が素敵でした。

住所:埼玉県川口市戸塚4563-1
電話番号&FAX:048-294-7550
電話番号:048-294-7300(子ども家庭相談室)
http://uspal.web.fc2.com/

この記事内容は2013(平成25)年6月時点の情報です。

遊びの中から学ぶ子どもの育ちを見守る/川口市立戸塚児童センターあすぱる 所長 澤田幸江さん
所在地:埼玉県川口市戸塚4563-1 
電話番号:048-294-7550
http://uspal.web.fc2.com/