「アルビオコート川口の丘」にママの意見を取り入れた建売住宅が誕生予定!その魅力を聞いてきました♪/マミーズプロジェクト 梅田 毎美さん,大谷内 裕美さん

<おかげさまでこちらの物件は完売いたしました。土地はございますので、注文住宅のご提案は可能です。>

2015(平成27)年に産声を上げた、ミサワホーム「マミーズプロジェクト」。地域のママ向けイベントの企画や、ママ目線の子育て住宅の魅力発信をしています。2017(平成29)年3月には、「アルビオコート川口の丘」に、そんな「マミーズ」のみなさんの意見を取り入れた新しい建売住宅が誕生するそうです。今回は打ち合わせ現場にお邪魔して、その魅力を伺ってきました!

細やかで、温かみのある家づくりを!

新しい建売住宅についての打ち合わせの様子
新しい建売住宅についての打ち合わせの様子

――「マミーズプロジェクト」について教えてください!

梅田さん: 「マミーズプロジェクト」は、ミサワホームの子育て中の社員が中心となって立ち上げたプロジェクトです。子育てママの出会いや暮らしを「住」を通じて支援したいという目的で活動しています。女性目線・ママ目線を活かした提案をしながら、地域のママさんたちを応援していこうというのがプロジェクトの概要になります。
マミーズプロジェクト:http://www.misawa.co.jp/area/mommys/kanto/index.php

女性目線が多く取り入れられています
女性目線が多く取り入れられています

――分譲地では色々なイベントを開催しているそうですね

梅田さん:地域で活躍されている方を講師に招き、お菓子づくりやベビーマッサージなど、子育てや暮らしがテーマのイベントを開催しています。小さな子どもがいると外出するのも一苦労。そんなママさんたちに、気兼ねなく来てもらえる場所を目指しています。

実際に行われたイベントの様子
実際に行われたイベントの様子

実際に行われたイベントの様子
実際に行われたイベントの様子

――女性目線・ママ目線での提案というのはどのようなものでしょうか?

梅田さん:派手さはないけれど、それがあることで生活が便利になったり楽しくなったりするような提案ですね。“ここに棚があったらいいな”や、“この場所に、この高さでコンセントがあったらいいな”といった日常で感じることをヒントにしています。雑然とした雰囲気を出さないために、リビングからキッチンの眺めを考慮するというのも女性目線・ママ目線ならではないでしょうか。そうした考えは、「アルビオコート川口の丘」の新しい建売住宅にも反映させています。

打ち合わせでは実際に使うタイルのサンプルを見ながら検討
打ち合わせでは実際に使うタイルのサンプルを見ながら検討

大谷内さん:実際に子育てをしてみて、気づいたことがたくさんありました。思っていた以上に子どもの洋服や玩具であふれかえることや、大切なことを書き留める小さな掲示板があれば便利ということもそうですね。間取りに手を加えるというのではなく、ちょっとしたプラスアルファで効果的になる提案を心がけています。いつでも友だちを呼べる家、呼んで自慢していただけるような家づくりを目指しています。

――具体的にはどんなところに反映されていますか?

梅田さん:たとえば、いざお風呂に入ろうという時に、子どもは“トイレに行きたい”と言い出すことが多いんです。そこで、2017(平成29)年3月に完成する「アルビオコート川口の丘」のモデルハウスでは、お風呂とトイレを近づけることや、タオル掛けに加えバスタオル掛けの設置も提案しました。また、洗面所に色々なものを置けると便利なので、十分な収納スペースも確保しました。リビングに関しても、子どもの勉強スペースや、ママさんの作業スペースとして利用できるホームコモンズを取り入れた棟を1棟作っています。

洗面所の収納スペース
洗面所の収納スペース

梅田さん:最近では趣味として手芸をされる方も増えていますので、ホームコモンズで作った作品を、写真映えするキッチンの棚などに飾って写真を撮り、SNSでアップしたり、通販で販売することもできるので、とても喜んで頂ける空間になっていると思います。

ホームコモンズのイメージ
ホームコモンズのイメージ

大谷内さん:雑然としがちなダイニングに関してですが、無理なくきれいな状態を維持できる収納を考えました。細々したものはカゴに入れ、そのカゴを置くための棚を設置したんです。それによって、いつでも友だちを呼べるダイニングになりました。また、ダイニングテーブルで作業するとき、照明が幾つもあると影ができてしまうことから、“1灯にしたらどうか”という提案もしました。

キッチン・ダイニングのイメージ
キッチン・ダイニングのイメージ

大谷内さん:それ以外に重要なものとしては、洗面所の場所ですね。水回りはほとんどの建売住宅で1階にまとめているのですが、2階にある物件も、来客時のことを考え、玄関のそばにお客様用の手洗い場を設けることを提案しました。そうすればキッチンなどで手を洗ってもらう必要もないですから。生活感あふれる場所を見せたくないという方は多いですからね。

良い住宅をつくるため何度も打ち合わせを重ねます
良い住宅をつくるため何度も打ち合わせを重ねます

――「マミーズプロジェクト」の今後について聞かせてください

梅田さん:ミサワホームは注文住宅を得意としている会社ですが、これまでに培った技術、ノウハウや提案力を活かして建売住宅も手がけています。そうした家づくりに、女性の細やかな意見を融合させるのが「マミーズプロジェクト」の存在意義です。私たちの家づくりの魅力を知って頂きながら、同じ子育て世代として、地域のママさんたちの応援団でありたいと考えています。2017(平成29)年3月には、そんな「マミーズプロジェクト」の意見が反映された新しいモデルハウスが「アルビオコート川口の丘」に誕生する予定です。皆様にお越し頂き、ぜひ実際にご覧になって頂ければと思います。

マミーズプロジェクト

梅田 毎美さん(左)
大谷内 裕美さん(右)
アルビオコート川口の丘:http://www.330navi.com/angyo/index.html
マミーズプロジェクト:http://www.misawa.co.jp/area/mommys/kanto/index.php
※この情報は2016(平成28)年10月時点のものです。

「アルビオコート川口の丘」にママの意見を取り入れた建売住宅が誕生予定!その魅力を聞いてきました♪/マミーズプロジェクト 梅田 毎美さん,大谷内 裕美さん
http://misawa.co-blog.jp/mommys