柏神社

境内にある樹齢300年超のイチョウの大樹とともに、柏市で最も有名な神社であり、観光名所にもなっている「柏神社」。江戸時代に、京都・祇園から勧進した八坂神社と、山形県から勧進した羽黒神社を、明治時代に入ってから合祀したのが始まり。 現在の社殿に改装したときに、現在の「柏神社」に改称するまでは、地元の人には「天王様」と呼ばれて親しまれていた。ふたつの神社が合わさっているため、祭神が5人もおり、狛犬も境 .....


PAGE
TOP