花輪城址公園

花輪城址公園
花輪城址公園

「花輪城址公園」は、戦国期に松戸市大谷口の小金城を本拠地として、周辺一帯を支配していた高城氏に属していた花輪城跡を整備して造られた公園で、1989(平成元)年に設置された。

花輪城址公園
花輪城址公園

発掘当時は空堀跡、犬走り跡が確認されたほかに、中・近世の陶磁類、古銭、板碑などが出土。現在でも公園内に、花輪城の空堀と観音堂の基壇・礎石などのわずかな土塁が残されており、戦国時代まで繁栄を築いた当地の長い歴史を偲ぶことができる。

花輪城址公園
所在地:千葉県流山市下花輪1358-1 
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/inst..



PAGE
TOP