シンガポール・シーフード・リパブリック

シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール・シーフード・リパブリック

近年、人気を増している旅行先のひとつ、シンガポール。シンガポールの名物料理としては海南鶏飯(ハイナンチキンライス)がよく知られているが、もうひとつの名物といえば「チリクラブ」だ。チリクラブは、現地では高級レストランから屋台村まで、幅広い飲食店で提供されている“国民食”のひとつ。マッドクラブという大振りな蟹を、チリソースで丸ごと大胆に炒めたもので、チリ以外にもさまざまな味のバリエーションがある。

これを日本に広げるために、シンガポールの有名レストラン4店がタッグを組み、日本のレストラングループ「レストランワンダーランド」とともに開業したのが、「シンガポール・シーフード・リパブリック」である。2008年に開業した品川店が1号店で、その後、銀座店、セントーサ店、大阪店の合計4店舗で展開している。

シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール・シーフード・リパブリック

品川店があるのは、品川駅の高輪口前、旧「パシフィックホテル東京」の前庭。ホテル自体は2010年に経営が変わり、現在は「京急EXイン」というビジネスホテルとして営業しているが、この前庭には今もなお高級ホテルの雰囲気が残されている。シンガポールならではの英国風建築の趣、駅の高輪口から徒歩30秒以内という抜群の立地も、人々を惹きつける魅力のひとつだ。

シンガポールの象徴「ラッフルズ・ホテル」を縮小したような建物は、現地の雰囲気をそのままに感じさせるもので、暑い時期にパティオ(中庭)の席に座れば、本国と何ら変わらない体験をできることだろう。店内は広くシックな雰囲気のダイニングと、白壁に黒の回転テーブルという、モダンなスタイルの個室があり、カジュアルな会食からフォーマルな接待まで幅広く利用できそうだ。

シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール・シーフード・リパブリック

チリクラブなどに使う蟹は「マッドクラブ」という東南アジア独自の品種で、国内では流通していないもの。これを独自にルート開拓し、産地から活きたまま空輸で仕入れているので、その味の良さは本国と同等かそれ以上だという。その他にも旬の野菜や魚を使ったシンガポール料理が多数揃っており、異国情緒たっぷりの席を囲むことができる。

マッドクラブの味付けには、甘辛いチリ味の「チリクラブ」を基本に、胡椒が強烈に効いた「ブラックペッパークラブ」、タイカレー風味の「カリークラブ」などのバリエーションがあり、サイズもS、M、L、「YOKOZUNA」など多彩な展開をしている。一皿のサイズがかなり大きいだけに、何人かで訪れ、色々な味を取り分けて楽しむのがお薦め。写真の「チリクラブ」は、本国でもチリクラブチャンピオンシップに輝いたという、レストラン「JUMBO」からの逸品だ。

チリソースは少し甘めの仕上がりなので、蟹の風味を損なわずに堪能することができ、最初のチョイスにお薦め。より現地に近い味わいで、とあれば、ブラックペッパーの刺激的なテイストも人気が高い。平均的な予算はディナータイムで5,000円前後。各テイストともSサイズで4,200円からと値段は張るが、分けて食べると考えれば納得の価格だ。30名ほどのパーティーに対応する個室も用意されているので、歓送迎会などにも使いやすいだろう。

シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール・シーフード・リパブリック

チリクラブと同時に是非オーダーしたいのは、シンガポールグルメの代表「海南チキンライス」。こちらはチキンスープとパンダンリーフでほのかに、しかし香り高く仕上げられており、繊細な舌を持った日本人にも接しやすい。3種類の異なるソースで味わえるので、味の強いクラブの“箸休め”として、是非オーダーしておきたい。

シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール・シーフード・リパブリック

「オイスターホッケンミー」は、言ってみれば“シンガポール風の焼きそば”。こちらもホーカーの定番料理のひとつで、玉子麺とライスヌードルの2種類を使い、牡蠣の旨味たっぷりに仕上げられている。

シンガポール料理が認知されつつある現在でも、活きたままのマッドクラブをその場で調理してくれるレストランは、日本ではごく希少な存在。それが品川駅のすぐ駅前にあり、しかも、シンガポール政府のお墨付きだというのだから、一度足を運ぶ価値はありそうだ。現地でその味に惚れた人も、この店に行けば、その記憶を追体験できることだろう。

※文章中のメニュー・価格等は掲載時のものです。あらかじめご了承ください。

シンガポール・シーフード・リパブリック
所在地:東京都港区高輪3-13-3 シナガワグース前庭
電話番号:03-5449-8080
営業時間:ランチ11:00~15:30(15:30LO)、ティータイム15:30~16:30、ディナー16:30~23:00(22:00LO)
定休日:無休
http://www.restaurant-mrs.com/wp/restaur..



PAGE
TOP