あけぼの橋通り商店街

駅前から東京女子医科大学病院まで続く、都会の中の商店街「あけぼの橋通り商店街」。かつて大手TV局の社屋が曙橋にあったことから「城下町」と言われた。移転後は東京女子医大の職員と、都営大江戸線の開通、後送マンションの建設による人口増で、今も変わらぬ活況を呈している。 加盟店には個人商店が多く、昔ながらの営業を続ける店から、流行のスタイルを取るカフェ、飲食店などまで、新旧の店が混在して、地元の人の買い物 .....