上野大仏

上野大仏
上野大仏

寛永8年(1631年)、越後の掘丹波守直時が戦乱の世に倒れた敵味方すべての将兵の冥福を祈るために建立した大仏像。

最初は大仏も全身が作られていたが、大地震で3回、火事で1回と計4回、大仏の頭が転がり落ちてしまった。それ以来、再建しては頭が折れ、ということを繰り返してきた。最後に壊れたのは大正時代の関東大震災のとき。震災後、解体した上で寺で保管してきた。その後も大仏を新しく再建する計画が何度か浮上したが、その都度たち消えてしまう。結局、昭和47年(1972)に保管された顔のみ展示することになって、現在に至っている。

最近ではこれ以上落ちることはない、ということから合格祈願のために受験生が訪れる名所になっている。

上野大仏
所在地:東京都台東区上野恩賜公園内 
http://www2.tba.t-com.ne.jp/sakuramomo/i..



PAGE
TOP