荒川・砂町水辺公園

荒川・砂町水辺公園

江東区と江戸川区の境を流れる荒川の流れを取り込んで、河川敷に整備された延長約3,000メートルの開放的な公園。

荒川・砂町水辺公園は「太陽の恵み」をテーマに作られていて、春はパンジー、秋にはコスモス・彼岸花が咲き揃う様は圧巻だ。テニスコートや多目的広場、花壇、野草園、そして江東区内最大のビオトープもある。生き物の生息空間として人工的に作られたビオトープでは、子どもたちが動植物や魚類の観察をする姿がよく見られる。

眺望の良さが自慢で、土手から葛西橋、2004(平成16)年に開通した清砂橋、荒川湾岸橋などを眺めるのは最高。特に、朝焼けや夕焼けをバックにした橋のシルエットが美しく、天気のいい日は富士山まで望むことができる。釣りができる護岸はいつも太公望で賑わっていて、夏から秋にはハゼ釣りが楽しめる。

当公園をはじめ、江東区には水に親しむ公園が6つあり、散歩をしたり、子どもたちの遊び場として区民に親しまれている。

荒川・砂町水辺公園
所在地:東京都江東区東砂3-30先 新砂3-8先
電話番号:03-5683-5581
http://www.city.koto.lg.jp/470705/machiz..



PAGE
TOP