JOUVAUD 目黒店

meiten171.jpg

フランスでも南の方に位置するプロバンス地方・カルパントラの町で親子三代にわたって 受け継がれ育まれたお菓子が日本にやってきた。

それら、紅茶に合うおいしいお菓子を手がけているのが、JOUVAUD(ジュボー)氏だ。氏はお菓子の国際的権威Relais Desserts International (ルレ デセール インターナショナル) の副会長を務め、フランスのショコラガイドブック「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」では4つ星に当る「4タブレット」のショコラティエとして、フランス内外から高い評価を得ているフランスにおけるお菓子界の重鎮だ。

meiten15.jpg

こじんまりとしたお店には、焼き菓子、果物をつかったお菓子、チョコレートなどがショーケースに美しく並べられている。

中でもひときわ目を引くのが、フランスの伝統菓子・パート ドゥ フリュイ。これは果物をギュッと一口サイズに濃縮した、とても贅沢なお菓子で、寒天やゼラチンをつかうことなく砂糖と果実のみでつくられている。仕上げに砂糖がまぶされており、キラキラと輝く様はまるで宝石のよう。豊かなフルーツの香を楽しむ事ができるという。

meiten19.jpg

焼き菓子は、 マドレーヌ・フリアン・マカロン・プチフール・サブレなどスタンダードなアイテムが並ぶ中、ちょっとかわったメレンゲのお菓子・ロカイユも扱っている。 見た目はゴツゴツした感じだが、手に取るとふわっと軽く、サクサクとした食感と、綿菓子のような口溶けを楽しめる。

ケーキはJOUVAUD独特のスタイルで、最高に美味しい状態で提供したいと、冷凍されたものが用意されている。

そして、4つ星を受賞したというJOUVAUDのチョコレートの世界はぜひ味わいたい。遊び心に溢れたオリーブの形のチョコレートは、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれる逸品だ。珈琲に併せてもよし、洋酒と一緒にいただいてもとってもよくあうと甘いものが苦手な男性にも評判がいいらしい。

「オランジェ」という、オレンジの皮を甘く煮たものにビターチョコレートをコーティングしたもので、チョコレートも甘みよりも、ほろ苦さがきいていて、病み付きになるお味。

どれもこれも、と欲張りたいときには、気軽にギフトセットをつくってくれるという。ギフトセットは勿論おつかいものにもいいが、どちらかといえば頑張っている自分自身へのご褒美としたくなってしまう。疲れた体に、甘いお菓子は最高のサプリメントなのだから。

P1080847.JPG
メニュー一例:
パート ドゥ フリュイ…735円(6粒)
オリーブドウショコラ…630円(9粒いり)
オランジェット…2,030円(15本)

JOUVAUD 目黒店
所在地:東京都品川区上大崎2-21-13 目黒ペアシティ1階
電話番号:03-5759-3132
営業時間:10:00~16:00
定休日:無休



PAGE
TOP