久地駅

JR南武線の停車駅である「久地」駅は、1927(昭和2)年の開業時、「久地梅林」駅としてスタートしていた。これは、駅の周辺に梅の木がたくさんあり、梅見の名所として観光客を誘致しようと名づけられたといわれている。現在の名称になったのは、1944(昭和19)年のこと。 宅地開発などにより最盛期と比べると梅の木はかなり少なくなり、駅名も変わったが、立派な梅の木がある旧家や、詩人・北原白秋が久地の梅林の美 .....


PAGE
TOP