OYUMINO KAPPO 彩(さい)

OYUMINO KAPPO 彩(さい)
OYUMINO KAPPO 彩(さい)

おゆみ野には、春夏秋冬、それぞれ名付けられた道が広がっていて、すべてを結ぶと約6kmの散策コースになるという。その中で、JR外房線「鎌取」駅から西に向かう道が「春の道」である。途中にある「おゆみ野さくら公園」は、芝生広場の周りに桜の木が多数植えられており、春には一面ピンク色に染まる。この公園に隣接した場所にある和食のお店が「OYUMINO KAPPO 彩」だ。「鎌取」駅からでも徒歩5分程度。お店の横には駐車場も隣接されている。

OYUMINO KAPPO 彩(さい)
OYUMINO KAPPO 彩(さい)

広い窓からは、「おゆみ野さくら公園」の桜を見下ろすことができ、桜の雲海だ。店内でも春の景色を撮影した写真が貼られている。昼も美しいが、夜にライトアップされた桜もまた神秘的で美しい。日本食をいただく際にはこのうえない借景ではないだろうか。桜まつりの季節である3月下旬から4月中旬は、彩のランチタイム「お花見御膳(2,000円)」、ディナータイム「夜桜会席(3,000円)」を楽しみながら、ライトアップした桜を窓から愛でることができるのだ。

もちろん桜の時期以外においても、彩ではつねに季節を感じられる会席料理を提供している。毎月、季節に合わせた献立は店頭に掲示されており、「彩」の料理で季節の変化を楽しまれる常連さんも少なくないという。また、グルメサイトやブログでは、イケメンの板前さんが人気の理由一つにもなっているようだ。

そのイケメンの板前さんは丸尾さんとおっしゃって、子どもの頃からこの地に住む生粋の“おゆみ野っ子”。それだけに地元の方たちに気軽に割烹料理を楽しんでいただきたいと考え、2007(平成19)年にこの店をオープンしたという。

肩肘を張らない料理屋「彩」のランチタイムは8割が女性客だという。ランチタイムはお膳料理で、アツアツ天ぷら、ふっくら煮魚、牛ステーキからメインを選ぶことができる。お膳の上にメインのほか、お漬物、ご飯、味噌汁、季節の野菜の炊き合わせ、三種の小鉢など。女性には嬉しいデザートと飲み物付き。そんなランチメニュー「おしゃべり御膳」を、わずか1,200円でいただけるのだ。

OYUMINO KAPPO 彩(さい)
OYUMINO KAPPO 彩(さい)

店内に入ると、赤い傘の向こうには清潔感あふれるオープンキッチンが広がり、カウンター席となっている。一人ひとりの席の前に小さな野の花とさざえの殻に入った楊枝入れがあって、なかなか風情がある。右手には靴を脱いで上がる小上がり、6人ごとのテーブル席が3卓。広い窓からは「おゆみ野さくら公園」が見渡せる。日本食ではあっても、気楽におしゃべりできるように、店内には軽めのジャズが流れているのも居心地の良さの一つ。ディナーであれば、ついお酒が進んでしまいそうな空間になっている。

1 2 3 
緑区のitot




PAGE
TOP