青いナポリ

「青いナポリ」は2008(平成20)年11月にオープンした。店名の“青い”は、50坪・60席のガーデンテラスで青い空を見ながら、気持ちよく楽しんでもらいたいという想いから。そして“ナポリ”というのは、ナポリから取り寄せた薪窯で焼き上げるナポリピッツァを提供しているだけでなく、牧歌的な雰囲気が残っているナポリを、駅から離れているロケーションに見立てたことにもよる。

「白山」駅、「春日」駅、「後楽園」駅から徒歩で訪ねることもできるが、ショッピングや観光の“ついで”に訪ねる場所ではなく、「青いナポリ」を目指してくる者が大半だ。自然と大きくなってしまう期待感に応えるためにも、どれだけ忙しくても快活に、心からの笑顔で接客するというのが同店のコンセプトだ。

創業時はピッツェリアだったが、幅広いニーズに応えていくなかで、カジュアルイタリアンの要素もまとうようになり、現在では広義の“イタリア”を楽しむことができる。グランドメニューとは別に、仕入れの状況によって決まる日替わりのメニューもある。全てを固定するのではなく、季節の声をまずは聞くというところに同店の料理に対する姿勢が窺える。

メニューだけでなく、店のコンセプトや方向性についてもスタッフが考え、実践していく。それぞれが主体的により良いものを目指そうというところに「青いナポリ」、いやグループ全体の強みがある。夏場にかき氷を用意し、自由に食べられるようにしたことも、そうした延長とも言えるだろう。

「青いナポリ」では、様々なイベントを開催している。親子で参加し、一緒にピッツァをつくるという「ピッツァニア」は、子どもも大人も楽しめる。人と人とが繋がりながら成長してきた歴史があるだけに、人と店との間には強い絆がある。今後は、それをより発展させながら、街とも繋がっていきたいとのことだった。

青いナポリ
所在地:東京都文京区小石川3-32-1 2F
電話番号:03-5805-1605
営業時間:11:00〜14:30(L.O)、17:00-22:00(L.O.)※平日は18:00~

http://www.aoinapoli.jp/

読み込み中




PAGE
TOP