東大島神社

東大島神社

都営新宿線「大島駅」と「東大島駅」のちょうど中間に位置する「東大島神社」は、戦災によって消失してしまった東大島地区の永平神社、子安神社、小名木神社、北本所牛島神社、南本所牛島神社の社を戦後に合併し、それぞれ神社のほぼ中心地に建てられた神社である。そのため、境内には宝暦11年(1761年)のものとされる「水神宮石祠」をはじめ、文化・文政時代の「豊栄社石祠」や「六角石塔」、天明年間の「庚申塔」など、消失した五社から集められた文化財が点在している。ご祭神は、天照皇大神、牛島大神(うしじまのおおかみ)、稲荷大神の三神。2月には「豆まき」、6月には「夏越大祓式」や「茅の輪くぐり」の神事、8月には「提灯みこし」「本社みこし」の巡幸などが行われ、地元の人から親しまれている。

東大島神社
所在地:東京都江東区大島7-24-1 
電話番号:03-3681-7058
http://www7b.biglobe.ne.jp/~higashioojim..





PAGE
TOP