バッファロー

バッファロー
バッファロー

試行錯誤を繰り返した末にたどりついたステーキの味は、人々に「それが必要不可欠なものだったのだ」と思わせられるくらいに、格別なものになっていた。

バッファロー
バッファロー

「バッファロー」である。現在でもにぎわいを見せる、懐かしい風情を残した「萩中通り商店会」の一角にある、ステーキ専門店だ。

テレビや新聞などのメディアで紹介されることも多く、とある雑誌では大田区内の飲食店ランキングで上位にランクインした実績もある。

バッファロー
バッファロー

ご主人は、もともとDJをやっていたという。クラブではなく、ディスコの時代のDJと強調されておられたが、それより前にはイタリアンやフレンチの修行もしていたことがあるそうだ。同店はもともと、ご主人の父親が創業した焼き鳥店にルーツがあり、父親が倒れられたのをきっかけに、お店を継ぐことにしたのだそうだ。

ステーキ店に衣替えした理由は、「肉を焼いて出すだけだから」という安易なものだったそうだ。

1 2 




PAGE
TOP