グリューネ・ベカライ

グリューネ・ベカライ

グリューネ・ベカライは、代田橋の駅を出てすぐの場所にあるスイスパンのお店。前身は、先代が始めたベーカリーでこの地に店を構えて30年になる。現在のオーナーである2代目は、スイスパンの店で修行をし、2000年に後を継いだ際に店を建て替え、パンの種類も一新した。

グリューネ・ベカライ

最も人気があるのは、冷蔵長時間発酵によって豊かな風味が加わった食パンとのこと。イギリスパンのほか生クリームを使用した「プルマンソフト」(1本852円、1斤284円)や、砂糖を一切使わない塩味タイプの「プルマンハード」(1本756円、1斤284円)の3種類がある。

グリューネ・ベカライ

伝統的なスイスの製造法により編み出された天然酵母パンが1日約5種類程、店頭に並んでいる。表面がカリッとしている、いわゆる「ハードブレッド」に分類されるパンの中で人気が高いのは、ライ麦パンにたっぷりのカレンツが入った「カレンツライ」(1本452円、1/2:226円)や、スイスの伝統的な田舎パンで、もっちりとした食感が味わいくせになる「ランドブロート」(1本315円、1/2:158円)などだ。

1 2 




PAGE
TOP