富士見丘教会

富士見丘教会は、日本国内で布教を行っていた伝道師が、協会員のための礼拝堂として昭和初期に建設した、プロテスタント系教会。「富士見丘」の名は、当時、この地から富士山が見えたことから付けられたもの。地域に根を張る教会であることをモットーに、幼稚園を併設するなど、開かれたときから地域とのつながり重視で運営され続けている。クラシカルな建物は、建設された昭和初期の様式をほぼそのまま残しており、日本における洋 .....




PAGE
TOP