葡萄房 by THE CAMEL

葡萄房 by THE CAMEL
葡萄房 by THE CAMEL

東京メトロ丸ノ内線「方南町」駅から方南通りを新宿方面に向かって徒歩約3分。左手に「TORATTORIA」の大きなロゴが目に入る。イタリア国旗がはためきつつも、方南町の町並みに自然に馴染んだたたずまいだ。

葡萄房 by THE CAMEL
葡萄房 by THE CAMEL

40席ある店内はゆったりと広い。この店の雰囲気のテーマは「イタリア郊外の街角~老若男女が集うクラシカルだが格式張らない正統派トラットリア」。そのテーマは忠実に再現されており、幅広い年齢層がリラックスして食事をしている様子が見てとれる。

良い意味で古ぼけたアンティーク感というものは一朝一夕には醸し出せるものではない。この店はもともと別のオーナーのもと「長島葡萄房」という名前ので30年以上愛されてきており、経営が変わっても同じテーマが継承された。地域に愛された歴史を受け継ぎ、現在に至っているため独特の落ち着ける空気感が流れているのだ。店名ももともとの「葡萄房」に、姉妹店となった笹塚のお店「キャメル」をプラスしたものだ。

葡萄房 by THE CAMEL
葡萄房 by THE CAMEL

なんと言ってもこの店のこだわりは「オーガニック」。フードメニューはもとよりワイン、調味料までオーガニック素材にこだわっている。2年以上化学肥料を使用していない畑で栽培された有機野菜は、那須の契約農家から直送されたもの。サラダだけではなく、全てのメニューに旬の栄養価の高い有機野菜を使用しているのがこの店の自慢でもある。アンティパストのカポナータ(ラタトゥイユのような野菜料理)では、煮込んでいるにもかかわらず素材の形がほどよく残っており、有機野菜ならではのしっかりした食感が感じられる。

葡萄房 by THE CAMEL
葡萄房 by THE CAMEL

どのメニューも、味がガツンと強い個性を放つものは少ない。その代わり、多くの人の口に合う、どこか懐かしく安心できる味わいがこの店が長く愛されるゆえんだろう。「一人でも大勢でも入れる。格式ばらずに楽しめる本格派イタリアン」。そんな店が街にあるのはとても心強い。

葡萄房 by THE CAMEL
所在地:東京都杉並区方南2-16-1 
電話番号:03-3316-6499
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:水曜日(祝日は営業)
http://www.budoubou.net/



PAGE
TOP