杉谷 憲一 さん、林 信康 さんインタビュー

さらなる魅力をまとって通年型の観光地を目指す「白浜町」の取り組みとは/白浜町観光課観光商工係(和歌山県)

関西地方を代表する海水浴場のひとつ、白良浜を有する和歌山県白浜町。日本三古湯のひとつ白浜温泉や、三段壁、千畳敷など観光資源に恵まれています。四季を通して楽しめるスポットが充実していますが、観光客が少なくなる時期があることも事実。そこで、町ではその差を埋めようと「白浜温泉街活性化構想推進計画」を策定しました。今回は白浜町観光課観光商工係を訪ね、お話を伺いました。。

白浜町役場
白浜町役場

白浜の観光活性化を目指した取り組み

――白浜町観光課・観光商工係の業務についてお教えください

杉谷さん:観光振興はもちろんですが、個人商店や中小企業を対象にした商工振興も担当しています。観光と商工とを分けている自治体もありますが、白浜町は街の規模に合わせて兼務という形を取っています。
観光振興では、 「白浜観光協会」、「椿温泉観光協会」、「日置川観光協会」、「白浜温泉旅館協同組合」、「白浜町商工会」、「日置川町商工会」と連携して取り組んでおり、また、プロモーションについては2018(平成30)年に一般社団法人として法人格を取得した「南紀白浜観光局」が担っています。

お話を伺った杉谷さん(左)と林さん(右)
お話を伺った杉谷さん(左)と林さん(右)

――観光をより活性化させるため、「白浜温泉街活性化構想推進計画」を策定されたそうですね?

杉谷さん:一口でいうと、白浜町は夏季に観光客が集中していますが、一年を通して訪れていただけるような観光地を目指すということです。白浜町は1年を通じて楽しめる観光地ですが、1月、2月、6月は相対的に観光客の少ない時期となっています。また、「南紀白浜観光局」のアンケート調査によって分かったことですが、観光客が町内で訪れるスポットの平均はたったの1.48ヶ所。白良浜、三段壁、千畳敷、円月島、白浜温泉とこれだけの観光スポットがあるのに1.48ヶ所というのは我々としても残念な数字です。そうした背景から通年型の観光地を目指し、町内を周遊してもらうために「白浜温泉街活性化構想推進計画」を策定しました。
「白浜温泉街活性化構想推進計画」では、4つの基本目標に基づいて35の具体的施策を立案しました。そのなかで、「白浜を拠点とした熊野古道などとの連携」、「白浜町内3温泉地の周遊」、「観光データの分析と活用によるマーケティング」、「白良浜の施設整備」、「海洋レジャー活動の推進と海域利用ルールの策定」、「円月島周辺の施設整備」、「海岸線沿い遊歩道の新設」、「観光案内看板の統一化」。「来訪者の増加と再訪率の向上」については「MICE(セミナー・研修・会議等)・スポーツ合宿の誘致」、「温泉の歴史紹介と源泉の表示」の11の重要取り組み施策があります。

林さん:現状はデータを分析し、それをどのように活かしていくのかという検討段階にありますが、「MICE・スポーツ合宿の誘致」についてはすでに動きはじめており、少しずつ結果が出てきているところです。

白浜温泉街活性化構想推進計画(引用:白浜町HP)
白浜温泉街活性化構想推進計画(引用:白浜町HP)

首都圏からの誘客が課題。南紀白浜空港の活用

――どのエリアからの観光客が多いですか?

杉谷さん:関西地方からが7割で、その中でも多いのが大阪です。我々としてはそのエリアを拡大するとともに、特に首都圏での知名度を高めることが重要と考えています。2019(令和元)年10月から「羽田空港」と「南紀白浜空港」の往復3便のうち2便が大型化したことにより、アクセスがよくなったことは追い風になると考えています。また、香港、台湾へのプロモーションにも力を入れてきた結果、町内のいたるところで外国人の観光客を見かけることも増えてきました。

南紀白浜空港
南紀白浜空港

――白浜町では色々なイベントが開かれているそうですが、そのなかでも特に注目のイベントをお教えください

林さん:毎年7月と8月に花火大会を開催していますが、年に2回も開催するというのは全国的にも珍しいようです。そのほかにも、砂でアート作品をつくる「砂まつり大会」、「南紀白浜トライアスロン大会」、「ビーチラグビー白浜大会」、「キャンドルイルミネーション」、ユニークなものとしては「熊野水軍埋蔵金探し」なども開催しています。

白浜花火大会
白浜花火大会

白浜名物の郷土料理や温泉

――地元の方ならではの情報があればお教えください

杉谷さん:“見る”ということでは、「番所山公園」の展望台からの眺めがおすすめです。「円月島」を含めた景色は何度見てもきれいですね。記載のないガイドブックも多いですが、「五色ヶ浜」などは観光客に評判です。

林さん:“食べる”ことに関しても大いに楽しめます。クエ料理が有名ですが、伊勢海老よりも美味しいとされるくつ海老やうつぼ料理もおすすめです。エリアを広げて熊野牛、梅、茶粥、めはり寿司もぜひ味わっていただきたい和歌山の味です。温泉についても、町内には「白浜温泉」や「椿温泉」、「日置川温泉」があり、泉質は「白浜温泉」と同等か、もしくはそれ以上という声も聞かれます。

白浜温泉の「崎の湯」
白浜温泉の「崎の湯」

――今後、白浜町はどのような観光地を目指していくのでしょうか?

杉谷さん:白浜町は観光資源に恵まれていますが、観光地としての始まりはやはり温泉ですから、原点に立ち返ってその魅力を発信しながら、着実に整備を進めていきます。1年を通じていつでも賑わい、町内の名所をたくさん巡っていただける観光地を目指して鋭意取り組んで参ります。

さらなる魅力をまとって通年型の観光地を目指す「白浜町」の取り組みとは?
さらなる魅力をまとって通年型の観光地を目指す「白浜町」の取り組みとは?

白浜町観光課観光商工係

所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町1600
電話番号:0739-43-5555(代表)
URL:http://www.town.shirahama.wakayama.jp/
※この情報は2019(令和元)年12月時点のものです。

さらなる魅力をまとって通年型の観光地を目指す「白浜町」の取り組みとは/白浜町観光課観光商工係(和歌山県)
所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町1600 
電話番号:0739-43-5555
http://www.town.shirahama.wakayama.jp/