豊洲のママ友づくりの縁結び役/ベビーマッサージ教室ひよだまり 羽吹寛子さん

ベビーマッサージ教室ひよだまり 羽吹寛子さん

豊洲のママ友づくりの縁結び役

多くの高層住宅が立ち並ぶ豊洲地区は、多くの子育てファミリー世代が暮らす街。子育てママたちが出かけやすい「広い歩道」「スロープ」などの環境が整った豊洲では、ママ向けのサークルや子ども教室も充実し、公私にわたるママコミュニティも活発だ。カフェを拠点に活動する「ひよだまり」は、ベビーマッサージを通してママの友だちづくりをサポートしたい・子連れで楽しめる場所を提供したいとはじまった教室。今回は主宰者の羽吹さんと参加者のママさんたちに、豊洲の魅力とリアルな子育て事情を聞いてみた。

教室をはじめたきっかけを教えてください

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

最初は一人のママとしてベビーマッサージ(以下ベビマ)の教室に参加し、「これは他のママたちにも広めたい!」と、講師の資格を取得しました。ママの手のひらを使ってゆっくりと赤ちゃんをマッサージしてあげることで、母子の絆が深まるのはもちろん、便秘が解消したり脳や体の発達の促すことが分かっています。またベビマはママが赤ちゃんにしてあげるもの、というイメージがありますが、実はママ自身が癒される不思議な効果もあるんです。何よりもベビマは、まだ言葉の分からない我が子に「愛してる」を伝えるメッセージ。親子間のコミュニケーションツールの一つとして、とっても役立つ手段なんです。

教室ではどんなことをしているのでしょうか

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

まずはマッサージオイルが赤ちゃんに合うかどうかのチェックをしている間に、手遊びなどで赤ちゃんの体に触れ、マッサージ前の準備をします。オイルが大丈夫であれば、「はじめるよ」と赤ちゃんに声を掛けてマッサージを開始します。膝の裏や脇の下、足、お腹、背中など、赤ちゃんの好きな部分から、手のひらと指を広く使って優しくさすっていきます。 サークルによってそれぞれのマッサージメソッドを持っていますが、私は「ベビマにルールはない」と思っています。泣いてしまったら抱っこをして背中をさすってあげるもよし、裸を嫌がるなら服の上からでもよし。順番も、マッサージをするタイミングにも決まりはありません。「こうすべき」に囚われず、ママと赤ちゃんの「楽しく・気持ちよく」を最優先させてほしいですね。

豊洲教室をオープンさせようと思ったのはどうしてですか

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

子育て世代が多い豊洲ですが、マンション内のエレベーターで一緒になっても、「なかなか初対面では話しかけられない」というような話をよく聞きます。人間関係が希薄になったと言われていますが、やっぱり人は集いたいもの。特に朝から夜中まで赤ちゃんのお世話に追われ、人と話すことさえままならない新生児のママには、上手に息抜きすることが大切です。ママが多い街だからこそ、ママ同士の縁結びをしたいと思ったのが、豊洲教室をオープンさせたきっかけです。 生後2ヵ月くらいから始められるベビマは、多くのママと赤ちゃんの“初めてのお出かけ場所”になっているようです。こういう教室を利用して外に出かけるチャンスをどんどんつくってほしいですね。マッサージ後のフリータイムではママさん同士がすぐに打ち解けた雰囲気になって、保育園情報を交換したり、お役立ち育児グッズを教え合ったりしていますよ。赤ちゃんがグズってしまってマッサージができなくても、「お話ができて楽しかった」「気分がすっきりした」と思ってもらえるのが一番嬉しいです。

ママ友づくりのコツってありますか

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

例えば親子で通えるヨガやフラのサークルなど、ママ自身が楽しむ場を見つけることで趣味の合うママ友を見つけられたり、幼児教室などの習い事に通うことで、似たような教育方針の友達ができることもあります。また、仲良しママが集まってサークルを作ってしまうというケースもあって、実に様々ですね。 まずは隣に座ったママさんに、小さなことから話しかけてみる、ちょっとした悩みを打ち明けてみる。そこから「ウチはこうなのよ」「○○って知ってる?」とゆっくりと話が広げていけば良いのでは?
ベビマもそうなのですが、焦ったり、気合いを入れる必要はありません。自然体でいれば、似たようなタイプの気の合うママ友達が自然と集まってくるはずです。

最後に豊洲在住のママさんたちに豊洲の魅力を聞きました

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

震災後、「都心から歩いて帰れる」「安全性の高い街」という条件で家探しをして、豊洲を選びました。歩道が広いので、とにかくベビーカー押しやすいのが嬉しいです。公園やちょっとした遊びスペースも豊富なので、子どもが歩きはじめても安心ですね。銀座にもアクセスが良くて便利です。

 

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

豊洲に住んで5年目になります。犬も飼っているのですが、「動物が住みやすい場所は、子どもも住みやすい」という言葉どおり、とても子育てしやすい環境だと思います。ママコミュニティのほかに、ワンちゃんコミュニティもあって楽しいですよ。教育環境がしっかり整備されているのも魅力の一つですね。

 

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

私は月島から来ているのですが、豊洲は次々と新しい施設ができるので、いつ来てもワクワクして楽しい印象です。勝どきや豊海などの中央区在住のママたちにとって、バスでも自転車でもすぐに来られる豊洲は、なくてはならない街です。

 

東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

主人がベイエリア好きで、豊洲に住むことを決めました。洋服・日用品・食料品・本・おもちゃ、全て豊洲で揃うので、休日も遠出しなくなりました。子育て世代も多いので、レストランやショッピングモールもバリアフリーが徹底されていて、暮らしやすいですね。

 
東京都江東区インタビュー
東京都江東区インタビュー

今回、話を聞いた人

ベビーマッサージ教室ひよだまり 羽吹寛子さん

開催場所:CAFE ; HAUS
江東区豊洲2-1-9
電話番号:03-5534-8025
教室概要
定員:8組 (※休日はパパも参加の為6組まで)
内容:講師チョイスによる全身のベビーマッサージ+ランチ&ドリンク
参加費:平日のママ+ベビーのみ 4,000円、休日のママ+ベビーのみ 4,500円、休日のママ+パパ+ベビー 4,500円+1オーダー
持ち物:いつものお出かけセット、バスタオル、授乳用ケープ
URL:http://www.hiyodamari.com/

※記事内容は2013(平成25)年5月時点の情報です。