中学受験の「SAPIX小学部」。 最新校舎の大井町校で未来をつくる。/SAPIX小学部 大井町校 野口伊知朗先生

SAPIX小学部 大井町校
算数科・校舎責任者 野口伊知朗先生

中学受験の「SAPIX小学部」。
最新校舎の大井町校で未来をつくる。

「中学受験をめざす小学生のための進学教室」と看板に掲げ、近年教室数を増やしている少人数・受験特化型塾「SAPIX小学部」。首都圏を中心に46校舎を展開しており、その最新校舎のひとつが、2013(平成25)年春に開校した大井町校。開校当初からおよそ200名の小学生が集まったという事実からも、その人気とニーズの高さが垣間見られる。今回はこちらで算数を専門に教鞭を執る、校舎責任者の野口伊知朗先生にお話を伺った。

まず、SAPIXの概要について教えてください。

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

「SAPIX小学部」(サピックス)は株式会社日本入試センターが運営する塾で、もともと小学生が中学校を受験するための専門塾として、1989(平成元)年に誕生しました。SAPIX小学部大井町校と同じ建物に、高校受験のための「SAPIX中学部」、個別指導のPRIVATO大井町教室もあります。

 
 
 
 
 
 
 
 

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

「SAPIX小学部」は現在、首都圏を中心に46の校舎がありますが、こちらの大井町校は3月に開校したばかりでして、まだ開校1か月目ですが、すでに200名弱の小学生が通っています。1教室20名の15教室編成ですので、まだまだ定員には余裕があります。

今は小学1年生から5年生までの受け入れとなっていますが、2014(平成26)年の2月からは新6年生も受け入れを始める予定です。

SAPIXさんの教育理念、他塾に比べてのメリットについて教えてください。

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

SAPIX小学部伝統の教育理念は、「思考力と記述力を鍛えていく」という点です。「その場で考える力」、「考えたことをきちんと書く力」。そういったところを鍛えていく塾ということですね。最近の入試は、知識量や公式のあてはめ方を競うものではなく、「その場で考える力」を重視したものになってきています。それが「SAPIX」が評価されている理由のひとつになっているかと思います。

 

SAPIX 大井町校
SAPIX 大井町校

「20人教室」というのも「SAPIX」の大きな特徴です。ほかの塾だと、もっと多いか、個別指導ということになるのですが、1教室の人数が多いと学力差が出てしまい効率が下がりますし、個別指導の場合は、効率は良くても、仲間との絆とか、切磋琢磨というものも欠けてしまいます。ですから、20人教室というのはとてもバランスの良い人数なんですね。

また、「SAPIX」では「学力別クラス編成」を採用していて、だいたい毎月1回行われる学力テストの成績でクラス編成を決めています。教室内の学力差がいつも小さい状態にありますので、効率的に授業が進められます。大井町校は机も椅子もピカピカですので、お子さんにも快適に楽しく、勉強をしていただけると思います。

理念の実現のため、具体的にはどのような指導法をなさっているのでしょうか?

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

たとえば算数ですと、「ひとつの問題をみんなで考える」ということがあります。それぞれの子どもに自分の考え方を発表させ、講師が一方的に押し付けるようなやり方はしないよう、心がけています。いろんな考え方を見聞きし、引き出しが増えることは、それだけで受験の際にも強みになります。

 
 
 

国語の例ですと、中学入試では長文問題が必ず出るのですが、学校のテストではあまり出てきません。そこで「SAPIX小学部」では低学年のうちから長文問題に触れさせて、“慣れる”ようにしています。そのうえで、どんどん書かせて、発表させていきますし、授業の時間の中で、講師が個々の記述内容を添削する時間も設けています。それを毎週繰り返すことで長文や記述に慣れ、本番でも動じないようになるんです。

中学受験を意識するのは、どのくらいの学年からなのでしょうか?

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

「SAPIX小学部」に関しては、4年生から通われるお子さんが多いです。受験を意識されるのも、そのタイミングではないかと思います。

ただ、1年生から3年生の間も通わなくていいというわけではなくて、3年生までの間は、いろんな習い事のひとつという感覚で通って慣れていただき、4年生から本格的にスタートするのがベストだと思います。そのため、SAPIX小学部では3年生までは週に1回、4年生は週に2回、5年生と6年生前期は週3回、6年生後期は週四回というプランになっています。

この大井町校は3月に開校したばかりなのですが、早くも200人という子どもたちが集まったのは、やはりニーズがあったからだと思います。他の地域の平均と比べても、中学受験をされる率は高いのだと思います。

大井町周辺の環境、子育て環境についてはいかがでしょうか?

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

保護者の方からよく聞く声としては、非常に交通の便が良くて、受験できる学校の選択肢が多い、ということがひとつですね。りんかい線で千葉方面の学校にも通えますし、埼京線で埼玉方面の学校にも通えます。もちろん、都内と神奈川方面は通いやすいです。

環境も良くて、駅前も落ち着いた雰囲気ですので、お子さんの健全育成には適した街だと思います。

これから塾を考えられる保護者の方やお子さんにメッセージをお願いします。

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

中学受験というのは、持って生まれた「才能」よりも、「努力」がものをいう世界だと感じています。ですから、お子さんには中学受験をすると決めたらしっかりと“努力”をしてほしいし、私たちも頑張る子はとことん、応援していきたいと思っています。

中学受験に限ったことではありませんが、「受験が終わったら終わり」ではありません。受験のために努力をして、難しいことを一生懸命に考え、伝えることを学んだことは、社会に出てからも一生の財産になっていくと思います。

本日はありがとうございました。

SAPIX大井町校
SAPIX大井町校

今回、話を聞いた人

SAPIX小学部 大井町校 
算数科・校舎責任者 野口伊知朗先生

所在地:東京都品川区大井1-14-3 3F
電話番号:03-3772-5955
http://www.sapientica.com/

※記事内容は2013(平成25)年4月時点の情報です。

中学受験の「SAPIX小学部」。 最新校舎の大井町校で未来をつくる。/SAPIX小学部 大井町校 野口伊知朗先生
所在地:東京都品川区大井1-14-3 3F 
電話番号:03-3772-5955
http://www.sapientica.com/